漆山岳 1393m

天候  晴れ

スタート時刻  6時30分   山頂  9時30分~11時00分   終了時刻  11時50分

行動時間  5時間20分

装備
板  アトミック シュガーダディー 153cm + TLT スピード
靴  ガルモント メガライド
ストック  ブラックダイヤモンド 2段伸縮
ザック オスプレー スウィッチ 35L

本日は国道41号線沿いの、西漆山より漆山岳へ行って来た。

スタートは神岡町西漆山の集落入り口、地形図の青線を越えたところから標高930mポイントを経て山頂を往復した。

雪の状態は先週までの大雪だのラッセルだのが嘘のように、カリカリに固まっていた。また昨日の「如月の詩」さんのトレースがばっちり残っていたので、労せずに山頂まで達してしまった。

この状態ではすぐに下っても滑りは楽しめそうも無いので、雪が緩むのを待って時間を潰し、そろそろ出発しようとしている所に「とやま山歩記」さん一行が到着した。しばし歓談の後、お先に下山した。

下りでは上部はトレースも付かないくらいカリカリだったが、標高1100m付近より下は適度に緩んでおり、ザラメ雪の滑降を楽しめた。

取り付き場所 お墓の横を通って行く。

 

とりあえず杉の植林帯の中へ入っていく。

植林帯をすぎると、しばらくこんな感じの斜面が続く。

標高1200m付近はこんな感じ。

山頂手前の反射板。

山頂手前のコブから見た山頂。帰りは10m程の上り返しとなる。

 

山頂。「如月の詩」さんの儀式の場所跡が健在だった。

山頂にていつもの記念写真。

一気に春の様相になっていた斜面。ザクザクのザラメ滑降を楽しめた。

カテゴリー: 山スキー   パーマリンク