大日岳 2501m

天候  晴れ

スタート時刻  5時30分   山頂  11時50分~12時40分   終了時刻  15時05分

行動時間  9時間35分

装備
板  アトミック シュガーダディー 153cm + TLT スピード
靴  ガルモント メガライド
ストック  ブラックダイヤモンド 2段伸縮
ザック オスプレー スウィッチ 35L

本日はコット谷より大日岳へ行ってきた。

スタートは剣センター前のゲート。
AM5:00を回った頃にに到着したのだが、すでにゲートの前は駐車の列が出来ていて人影は無かった。今日は出遅れたようである。

さて、ここから自転車でスタートの予定が、昨日一昨日の降雪で道路には積雪、板を履いてシール歩行でスタートした。道路の積雪は十分で快適に歩いていった。

小又川出合には数張のテントがあり、すでにスタートした後のようだった。
この先、河原にも積雪はたっぷり、それに大人数が歩いた立派なトレースが出来ていた。

快適なトレースをしばらく歩いてくとK山岳会の一行に追いついた。
このあと山頂までK山岳会の一行とは前後しながら、他の何組か追い越し山頂を目指し歩いていった。

小又川の河原は積雪が多く渡渉はなし、突堤の乗り越えで一箇所板の脱着があっただけで、スムースに通過できた。

その後も立派なトレースを快適に歩いていき12時10分前、山頂に到着した。
トレースの主はHさん一行でした。ありがとう御座いました。

山頂はけっこう風があり快適とは言えなかったが、シールを剥がし滑降準備をしたりパンを食べたりし40分ほど滞在し下山した。

下りは早乙女岳のちょっと下くらいまでは快適なパウダーだったが下るに従い雪は重くなり、小又川の河原に着く頃には、登りのトレースを滑り小又川出合に到着した。

この先道路の雪は多少残っており、1Kmほどは板を履いて行ったが、その後は板を担いで徒歩でゲートまで戻った。

 

剣センター前のゲート

小又川出合

小又川の河原の様子

コット谷を見上げたところ

コット谷のコルから見下ろしたところ

早乙女岳へ至る尾根

早乙女岳より見た、大日岳方面

標高2100m付近より見た、山頂方面

山頂

山頂にて、いつもの記念写真

山頂より、鍬崎山方面

下りは早乙女岳のちょっと下くらいまでは、快適なパウダーを楽しめた。

 

カテゴリー: 山スキー   パーマリンク