8月13・14日(水・木) 五竜岳 2814m

富山県下新川郡宇奈月町 長野県北安曇郡白馬村

1:25000地形図 神城

戻る


五竜遠見テレキャビン アルプス平駅  1時間20分  小遠見  1時間  大遠見  1時間30分  五竜山荘前  40分  五竜岳山頂  30分  五竜山荘前  3時間  五竜遠見テレキャビン アルプス平駅


今週はお盆のため13・14・15日と3連休が取れたので、2泊3日で五竜岳・唐松岳を予定して出かけてきたが、天候悪化のため1泊2日で五竜岳だけ登ってきた。

スタートは五竜遠見スキー場。テレキャビンに乗って一気に標高1551mのアルプス平へ。

この時点では天気は快晴。

標高1551mのアルプス平。まわりは公園のように整備されている。

ここに着いたころからガスが出始め、ここで見た青空が、今回の山行中見た最後の青空となってしまった。

小遠見山頂。ここに着いたころには、まわりは完全にガスで真っ白になっていた。
登山道は綺麗に整備されていた。全体に傾斜もゆるく、急なところには階段がつけてあり一部木道も整備されていて、歩きやすかった。
西遠見。尾根が広くなっており、湿地帯になっていた。
遠見尾根分岐点。ここからは五竜山荘が見えている。
ガスの中の五竜山荘。
私が泊まったのは、こちらのテント場。約30張りほどしか場所がなく、到着の遅かった方はテントを張るのに苦労していたようである。

ちなみに水は1リットル100円でした。

五竜岳山頂。ガスの中 岩につけられたペンキマーカーを頼りに、やっとたどり着いたという感じだった。山頂の標柱がなかったら、通りすぎていたかも知れないくらいのガスだった。

戻る