10月1日(水) 扇山1033m・赤祖父山1033m

富山県東礪波郡井口村 利賀村

1:25000地形図 城端

戻る


登山口  50分  標高約900メートル林道  20分  扇山山頂  15分  赤祖父山山頂  1時間  登山口


1:25000地形図を見ると、赤祖父山へ至る点線が何本かついている。今回は林道赤祖父線の標高450メートル付近、北緯36度30分51秒 東経137度57分20秒あたりの杉の植林斜面からとりついた。

登山口には看板がいくつかあったが、どれも「○○山登山口」と表記のあるものはなかった。

登りだして初めのうちは、こんな感じだった。
登山道途中から見た、扇山。
標高900メートル付近で、林道に出た。

写真右奥の立木の所から出てきて、左手前の踏み跡を登っていった。

上部の登山道。道はしっかり付いているのだが、両側から草が生い茂っており、草をかき分けながらの登りとなった。
扇山山頂。緑色の看板が目印。これがなければ、通りすぎてしまうだろう。

今の時期 展望は望めない。

扇山山頂から約10分ほど、そろそろ赤祖父山のピークではという頃に「展望峰」と書いた案内板があった。

案内板の示す方向に有る踏み跡に従って、茂みの中に入っていった。

「展望峰」の案内板から3〜4分ほどで、見晴らしの良いピークに出た。
ピークには2つに割れた山名板があった。

戻る