10月29日(水) 頸城 駒ヶ岳 1498m

新潟県糸魚川市

1:25000地形図 越後大野

戻る


大神堂 登山口  1時間  第一の水場  30分  第二の水場  30分  山頂  1時間30分  登山口


本日は回復するという天気予報を信じて、糸魚川の駒ヶ岳まで足をのばしてきた。

登山口へは大神堂から山道に入っていった。

登山口には水場・トイレ・休憩小屋?が有った。 

登山道の入り口。「右 駒ヶ岳」と書いた案内板が有る。
登山道の様子。幅も広くよく整備された様子だが、当日は落ち葉がたくさん落ちており、滑りやすかった。
第一の水場。水場という割には、水面が泡立っていた。
「お駒の菱」を見上げたところ。高度感がある。
さらに歩いていくと登山道は、オーバーハングの下をくぐっていく。
傾斜の急なところでは階段になり、ロープも設置してある。
御前山コースとの合流地点。山頂の直下である。
山頂。着いたときはまだ天候は回復せず、ガスで真っ白で周りはなにも見えなかった。
30分ほど時間をつぶし下山しようとしたとき、急にガスがはれてきて、青空が見えてきた。

鬼ヶ面山・雨飾山・後立山の山々と展望を楽しむことができた。

下山途中から見た駒ヶ岳。

紅葉にはちょっと遅かったようだが、とてもきれいな青空だった。

今日は天気予報が大当たりだった。

戻る