1月21日(水)帰雲山1622m

岐阜県大野郡白川村

1:25000地形図 平瀬

戻る


白川村荻町神社の裏  40分  作業道分岐  1時間30分  宮谷林道  10分  斜面取り付き  3時間15分  山頂  2時間10分  神社の裏


今日は帰雲山に行って来た。あわよくば猿ヶ馬場山までとどけば良いと思ったが、今日の雪の状態と私の体力では無理だった。

なお本日は高岡市在住のT氏が同行した。

スタートは白川村荻町八幡神社の裏手、林道の入り口。

作業道の分岐。ここまでは林道をショートカットするほどの積雪はなかった。

全体的には積雪量は少な目だが、最近降雪があったらしく表面はフカフカの新雪だった。

作業道に入ってからもしばらくは、作業道に従って登っていった。

作業道が杉の植林帯を抜けて植林帯と自然林の境界にさしかかったあたりで、作業道を捨て左手の浅い谷へ入っていった。

谷への取り付き。ここにも赤いマーカーがあった。

このあたりから雪が深くなり、スパッツから膝くらいのラッセルとなる。

谷の源頭部で宮谷林道と出会う。

林道を10分ほど行った右手の鞍部が、1336ポイントへの取り付きとなる。

取り付きポイント。ここにもわりと最近の赤いマーカーが付いていた。
1336ポイントへの斜面。
1472三角点には寄らずに、1528ポイントを目指す。
1528ポイント付近から見た、帰雲山。
帰雲山への斜面。
帰雲山山頂。山頂に着いた頃から、日が出てきた。

この時点で13時になったので、猿ヶ馬場山は諦め休憩の後下山することにする。

今日のお供はハーガン「TCライト」。とても扱いやすくて頼りになる。
頂上で一休みしていたら、天候が回復した。

下りは青空の下、おもいきりパウダーを楽しませてもらった。

戻る