3月10日(水) 大鷲山 817m

富山県下新川郡朝日町

1:25000地形図 親不知

戻る


取り付き  1時間30分  384ピーク  40分  林道交差  1時間10分  746ピーク  30分  山頂  2時間30分  取り付き


取り付きは国道8号線から境川に沿って、大平方面へ向かう。大平と上路の分岐より350メートル手前に、写真の石垣に付けられた鉄製の梯子がある。

今日は、梯子を登って右手の尾根を直登した。

登り初めの尾根の様子。ツボ足で登っていった。
標高250メートル付近で、杉の植林帯から抜けた。

ここからスキーを履いて、登り始めた。下りもここまでスキーで下ってきた。

384ピークから見た山頂方面。山頂はまだ見えない。

写真中央に見えるのは、746ピークである。

標高500メートル付近で、尾根を林道が横切っていた。

積雪は少な目と思って歩いていたが、カーブミラーの埋まりぐわいを見ると、そこそこの積雪である。

林道上から749ピークへの斜面。

写真中央は本日同行の、高岡在住のT氏。

749ピーク手前の尾根。

一部狭くなっている。

749ピーク。

ここから南に進行方向を変える。

749ピークから見た山頂方面。
山頂。

三角点・山名板等は見つからなかった。一番高いと思われるあたりに立っている木に、赤いリボンが付いていた。GPSの座標もこの付近を示していたので、ここを山頂とした。

本日のお供はトラーブ「ツアーライド」150センチ。この板も中低速では癖が無く扱いやすい。

このコースは下りでも、かるいアップダウンが何カ所も有ったので、ハーフスキンを貼って下った。

戻る