11月26日(土) 白山 2702m

石川県石川郡尾口村・白峰村、福井県大野市、岐阜県郡上市と大野郡荘川村・白川村の境。

1:25000地形図 白山

戻る


別当出合  2時間  甚ノ助小屋  1時間30分  黒ボコ岩  1時間20分  山頂  50分  甚ノ助小屋  1時間  別当出合


今日は23日に頂上まで行けなかった白山に、リベンジにやってきた。

スタート時の天候は前回より幾分良かった。

底板の外された吊り橋は渡らず、橋の左手から河原に下りて、対岸へわたった。
中飯場を過ぎたあたりの、登山道。

なんと青空が見えてきた。今日は行けるぞ!と言う感じだったのだが………。

甚之助小屋まで1.2キロの標柱。

ここからスキーを履いて、シール歩行で行った。

帰りもここまで滑って下りてこられた。

甚之助小屋。

このあたりの積雪は前回とあまり変わらなかったが、ここから黒ボコ岩までの間は積雪が増えており、踝から膝くらいのラッセルとなった。

天候も怪しくなってきており、青空は見えなくなってきた。

黒ボコ岩。

またガスが出てきて、真っ白になってしまった。が23日ほどではないので、とりあえず山頂を目指した。

山頂の白山奥宮。すっかり凍り付いている。

山頂は風が強く、とても寒く長時間居られる状態ではないので、写真を数枚撮り、そそくさと下山した。

下山時はガスで視界が悪く、滑りを楽しむと言う状態ではなく、黒ボコ岩までは登りのトレースを見失わないようにスローペースで、黒ボコ岩より下はガスも幾分薄くなってきたが、狭い登山道を無難に下りてきた。
今日のスキーは、携帯性と登山道での取り回しを考えて、ロシニョールのフリートレックを持ってきた。

今日のような状況で安全に下りてくる、と言う点では非常にメリットがあるが、滑り自体はあまりおもしろくない。

戻る