5月27日(土) 毛勝山 2414m

富山県魚津市 下新川郡宇奈月町

1:25000地形図 毛勝山

戻る


スタート時刻 5時00分  終了時刻 13時10分  行動時間 8時間10分(休憩時間含む)

成谷突堤手前広場  30分  片貝山荘前  1時間  最終突堤  30分  大明神沢出合  40分  三の又  2時間  稜線  15分  山頂  1時間  最終突堤  1時間  成谷突堤前広場


スタートは成谷突堤手前の広場。

本日は1月に日照岳でお会いした、富山市のN村さんと偶然再会し同行した。

林道に雪は無いのだが、落石・倒木等が散乱したまだった。今回は歩いていったが、自転車でも苦労しそうな状態だった。

 

最終突堤。

残雪は豊富だが、表面はデブリでガタガタである。突堤を越えてからスキーを履きシール歩行で進んだ。

板菱。

雪割れは無いが、デブリがすごい。

大明神沢出合から見た毛勝谷。

この辺りまできたら雪面のデコボコも小さくなり、帰りの滑りが楽しそうな状態になってきた。

三の又から見た毛勝谷。

今の季節にしては落石等は少ないと思う。

毛勝谷上部。
稜線直下より振り返って見た毛勝谷。
稜線。

稜線に出たところは約2メートルほど藪が出ていた。今日は雪の状態が良く、シール歩行のまま来ることができた。

稜線に出たところから見た、山頂方面。

残雪はしっかりとつながっていた。

山頂。

三角点の周りだけ雪は無く、お地蔵様・三角点・山名坂等を確認できた。

本日の装備。

板  ハーガン TE エクストリーム 130センチ

ストック  ブラックダイヤモンド2段伸縮

ザック  オスプレー25+5

山頂で休憩しているとやけに軽装な方が登ってきた。話をしたら「山の探求者」さんだった。お会いするのは初めてだがHPはよく参考にさせてもらっています。今日は山用のウェアーを忘れてきたので、普段着のまま来たそうである。

しばらくしたら今度は「真っ黒ネコさんの散歩道」さんが連れのK氏とともに登ってこられた。その後「とやま山歩き」のI氏が連れの方と登場。今の時期は滑れるエリアが限られてしまっているので、同じ場所に集中してしまうのでしょうね。いつも見ているHPの管理人の方々の顔が見られ、楽しい一日を過ごすことが出来ました。

山頂より大明神沢出会いまでは今の時期にしては期待以上に快適な滑降で下ってこられた。しかし出合より下はデブリでガタガタ。最終突堤の手前でスキーは終了し、ツボ足で下りてきた。

写真は本日同行の富山市のN村さん。

戻る