12月31日(日) 仁王山 1516m

富山県婦負郡八尾町

1:25000地形図 利賀

戻る


スタート時刻 6時38分  終了時刻 14時06分  行動時間 7時間28分(休憩時間含む)

杉ヶ平  1時間26分  916ポイント  3時間22分  山頂  1時間30分  杉ヶ平


スタートは八尾町杉ヶ平。

杉ヶ平の大長谷温泉裏の斜面に取り付き、フィールドアスレチック場を通り、916ポイントを経由して尾根通りに山頂(1516ポイント)へ。

フィールドアスレチック場。
雪が少ないので、しばらくは遊歩道に沿って登っていった。
916ポイント。
雪崩防止柵。

ここから遊歩道を離れ、斜面に取り付く。

雪崩防止柵上の斜面。

パフパフのパウダーで下りが楽しみ。

標高1250付近よりしばらく藪がつづく。
山頂。

この頃になったら、青空が見えてきた。

本日の装備。

板  カルフ XCDガイド 165センチ 109−78−95

金具  ロッテフェラー・チリ+20ミリプレート

ストック  ブラックダイヤモンド2段伸縮

ザック  オスプレー25+5

この板は本日が初使用。軽量でフレックスは柔らかめ、ウロコ付のシングルキャンバーとユニークなキャラクター。今日の印象はよく滑りよく曲がり、ウロコ付を感じさせない扱いやすさだった。またサイズから想像されるより浮力があり、130センチのファットスキー「フリーダム」より浮遊感を味わえた。

今日は標高1250付近よりの藪には難儀したが、それ以外はパウダーを楽しめた。

写真は本日同行の富山市のK氏。

戻る