3月10日(土) 大門山 1571m

富山県西礪波郡福光町と石川県金沢市の境

1:25000地形図 西赤尾

戻る


スタート時刻 6時30分  山頂 13時30分  終了時刻 19時30分  行動時間 13時間00分(休憩時間含む)

西赤尾ゲート前  1時間20分  尾根取り付き  2時間50分  ブナオ峠  2時間30分  山頂  1時間10分  不動滝付近  50分  ブナオ峠  2時間30分  西赤尾ゲート前


スタートは西赤尾のゲート前。

積雪は少ないがここからシール歩行が可能だった。

歩き出してすぐの、林道の様子。

この積雪の量だと尾根に上がれるか心配になる。

地形的に尾根に一番取り付きやすいところ。

ここからスキーを担いで取り付くことも考えたが、林道を100メートルほど先まで様子を見に行くと雪の付きの良い斜面があったので、そちらからスキーのまま取り付いた。

尾根上の様子。

尾根の上に上がったら以外に積雪があり、順調に高度を上げていった。

ブナオ峠。

約100メートルほど下って峠に下りてきた。峠に下りたら風が強く、風裏になるところで小休止の後、山頂に向かって進んで行った。

山頂へはほぼ夏道の登山道に沿って、尾根を登っていった。
稜線に出たところから見た、山頂方面。
山頂。

積雪期には初めての山頂。

本日の装備。

板  ハーガン・フリーダム 130センチ

金具  ジルブレッタ・イージーゴー

ストック  ブラックダイヤモンド2段伸縮

ザック  オスプレー25+5

下りは山頂より北側の斜面を、不動滝方向へ下っていった。

上部はパウダーが残っており、快適な滑降が楽しめた。

本日同行の高岡市在住のO氏とT氏。
不動滝より上り返して着いたブナオ峠。

この時点で17時となってしまい、上ってきた尾根はたどらず、林道を下って行った。

戻る