3月24日(土) 鍬崎山尾根 周遊

富山県上新川郡大山町

1:25000地形図 小見

戻る


粟巣野スキー場発 5時30分 → 標高1850付近着 9時50分  標高1850付近発 10時00分 → 粟巣野スキー場着 14時45分  行動時間 9時間15分

粟巣野スキー場  30分  ゲレンデトップ  25分  調整池  1時間15分  大品山  1時間50分  標高1850付近  1時間30分  標高1150付近  1時間10分  大品山  45分  粟巣野スキー場


コースは左図のとおり。標高1850付近より尾根西側の谷へ滑り込み、地図上1472ポイント手前の尾根をトラバース気味に乗り越し、再度谷筋をすべり標高1150付近より上り返し大品山コルに戻った。

 

図面は「国土地理院発行1:25000地形図 小見」より。

スタートは粟巣野スキー場。

もう営業はしていないが、雪はゲレンデの下からつながっていた。

ゲレンデトップ。

本日同行の高岡氏のO氏。富山市のS氏。

調整池横の取り付きの細尾根。

雪の付きは十分。楽に登っていけた。

大品山。

カンジキ等の跡が多数あった。

稜線に出てからは順調に高度を上げていった。

この頃から風が強くなってきた。

標高1850メートル付近。

強風のため本日は山頂を目指さず、ここからシールをはずして滑降予定の尾根の西側の谷へ下りて行った。

標高1600メートル付近より見上げた、下りてきた谷。

最上部はカリカリのアイスバーン、すこし下ったら今度はモナカ雪となかなか苦労させられた。

このあたりまで下りてきたら風もなくなったので、大休止としゆっくりお昼を食べた。

本日の装備。

板        ハーガン エクストリーム 130cm

ビンディング  ジルブレッタ イージーゴー

ストック     ブラックダイヤモンド2段伸縮

ザック      オスプレー 25+5

 

地図上1472ポイントのある尾根を乗り越した先の斜面。
標高1150メートル付近。

このあたりから地図上1429ポイントへ突き上げる尾根を登り返し、途中からトラバースして大品山のコルへ戻った。

本日2度目の大品山。

トレースの数は朝より増えていたが、人の気配は無かった。

大品山からは登ってきたルートを粟巣野スキー場まで戻った。

戻る