3月31日(土) 大明神山(第二尾根)  敗退

富山県魚津市

1:25000地形図 毛勝山

戻る


スタート時刻 5時00分  終了時刻 13時00分  行動時間 8時間00分(休憩時間含む)

片貝第二発電所前  20分  南又林道出合  1時間  大又橋横 斜面取り付き  3時間20分  山頂手前標高2000メートル付近  50分  大又橋横  50分  片貝第二発電所前


スタートは片貝第二発電所の前。

雪は無いのだが、まだ通行止めになっていた。

南又林道に入っても雪は少なく、写真の所まで自転車で来られた。
大又橋。

この橋を渡った左手の斜面から取り付いた。

尾根にはたどれるだけの雪が見えなかったので、取り付いてすぐ左手の沢筋へ入って行った。

 

沢の様子。

雪の薄いところはあったが、上部まで雪はつながっていた。

標高1000メートル付近より見下ろしたところ。

けっこう藪っぽくなっているが、スキーで下れた。

地図上1292ポイント付近より見た山頂方面。

この頃から風が強くなり、先週の鍬崎山を思い出させた。

地図上1853ポイント付近より見た山頂方面。

標高が上がるにつれ風はさらに強くなった。

山頂のひとつ手前のピークの手前、標高2000メートル付近。

あと少しで山頂だが風がさらに強くなったので、ちょうど風よけになる窪地状の場所があったので様子見かたがた休憩とした。

本日の装備。

板  ハーガンTCライト 145cm

金具  ジルブレッタ ピュア

ストック  ブラックダイヤモンド2段伸縮

ザック  オスプレー25+5

本日は強風のため板を立てることができなかった。

 

休憩した場所から見下ろした、登ってきた尾根。

1時間ほど様子を見ていたが状況は変わらなかったので、山頂はあきらめ下山した。

雪面はカリカリのバーンになっており、一部つぼ足で下りて行った。

標高1700メートルあたりからは雪面はゆるみ、ザラメ雪の滑降を楽しめた。

戻る