5月4日(金) 奥大日岳 2611m

富山県中新川郡上市町と立山町の境

1:25000地形図 剣岳

戻る


スタート時刻 5時25分  毛勝谷出合 7時15分  東大谷出合 7時45分  室堂乗越 10時25分―10時50分  山頂 12時00分―12時50分  天狗の踊り場 13時30分―14時40分  立山川合流 14時50分―15時25分  終了時刻 17時40分  行動時間 12時間15分(休憩時間含む)


本日は馬場島から立山川を遡り室堂乗越を経て奥大日岳へ、そこから通称天狗の踊り場を経て馬場島へ戻ってきた。

 

図面は「国土地理院発行1:25000地形図 剣岳」より。

本日は地図上菊石の少し手前まで車が入れた。

雪が出てからもデブリが酷く、しばらくはスキーを担いでツボ足で進んだ。

取水口。

この先で小さなスノーブリッジがあり、右岸へ渡った。

標高1600メートル付近。

このあたりからスキーを履き、シール歩行で進んだ。

標高2000メートル付近。

このあたりまできたら、ザラメの綺麗な斜面となった。

 

室堂乗越直下。
室堂乗越から見た、雷鳥沢のテント場。
室堂乗越から見た、奥大日方面。
山頂。

室堂からの登山者で賑わっていた。

山頂から見た剣岳。
剣をバックに記念撮影。

 

本日の装備。

板  ハーガンTCライト 145cm

金具  ジルブレッタ ピュア

ストック  ブラックダイヤモンド2段伸縮

ザック  オスプレー25+5

山頂より地図上2138ポイント付近、通称天狗の踊り場方向へ滑り降りて行った。

今日の斜面は表面に薄いザラメの層があり、表層雪崩が起こることが予想されたため、下方の安全を確保した後、一人ずつ滑り出した。

結果は若干ではあるが雪崩さしてしまった。

本日同行の高岡市のO氏。
本日同行の富山市のY氏。
天狗の踊り場から見た山頂方面。
天狗の踊り場からの下り斜面。

中間部より下は荒れており、板にやさしい斜面ではなかった。

中間部より見上げたところ。
立山川への合流箇所。

ここから下もデブリで荒れた斜面をだましだましスキーで下り、毛勝谷出合付近でスキーを終了し、あとはツボ足で下りて行った。

戻る