2月29日(金) 高清水山 1145m

富山県東礪波郡城端町 平村

1:25000地形図 下梨

戻る


スタート時刻  8時10分  終了時刻  15時40分  行動時間7時間30分(休憩時間含む)

渡原集落  2時間50分  上部林道  1時間15分  山頂  1時間40分  渡原集落


スタートは国道156号線、平村渡原集落の神社の裏の杉林から尾根の末端に取り付いた。

コースは渡原集落神社の裏から標高562・828・1028の各ポイントを経て山頂への尾根を登っていった。

上り始めてすぐの尾根。

杉林は遠目ほど密ではなく、けっこう歩きやすかった。

途中2箇所鉄塔の脇を通る。
鉄塔の脇より振り返ったところ。

国道156号線・庄川などが箱庭のように見える。

しばらくは細尾根だが、藪は適当に隠れているので登るには支障はなかった。しかし下りの滑りでは‥‥‥。
標高550付近から尾根は広くなり、また藪も薄くなり下りの滑りも楽しめそうな斜面が続いた。
標高850付近で林道と出会う。予定ではこのまま尾根を登るつもりでいたが、この先地図上でアップダウンが見られたのでしばらくは林道を行き、1028ピークを巻いた。
標高950付近で適当な斜面に取り付き、山頂を目指した。
標高1080付近から見た山頂。
いつもの記念写真。

板  カルフ XCDガイド 165センチ 109−78−95

金具  ロッテフェラー・チリ+20ミリプレート

ストック  ブラックダイヤモンド2段伸縮

ザック  オスプレー25+5

 

今日は久しぶりの好天で、360度の展望が楽しめた。

下りは重めの雪質ながら、十分滑りを楽しめた。また828ポイント付近・標高650付近のアップダウンもウロコが良く利き、快適に通過することが出来た。

本日は高岡のO氏が同行、またT氏が遅れて上り始め山頂で合流し、3名で下ってきた。

写真は高岡のO氏。ファットスキーで快適に滑っている。

戻る