5月26日(月) 西穂沢のコル 2850m

長野県南安曇郡安曇村と岐阜県吉城郡紙宝村の境

1:25000地形図 穂高岳 笠ヶ岳

戻る


スタート時刻 5時30分  終了時刻 15時10分  行動時間 9時間40分(休憩時間含む)

新穂高温泉無料駐車場  50分  穂高平小屋  40分  白出小屋跡  40  標高1780m付近  3時間40分  西穂沢のコル  40分  標高1780m付近  30分  白出小屋跡  40分  新穂高温泉無料駐車場


スタートは新穂高温泉無料駐車場から。

白出沢小屋跡までは林道なので自転車でスタートする。

穂高平小屋。

小屋は健在だが人の気配は無かった。

白出小屋跡。

しばらく来ないうちに白出小屋は無くなっていた。小屋の後ろに在ったトイレは健在で、使用可能であった。

ここで自転車をデポし、登山道を登っていった。

標高1780m付近。

登山道が小尾根を越え白出沢へ向かう直前で残雪があらわれ、スキーを履きシール歩行を開始した。

この先、稜線まで雪は途切れることなく繋がっていた。

上の写真の場所から振り返ったところ。

笠ヶ岳、抜戸岳方面が綺麗に見えていた。

標高2200m付近。

若干落石等あるものの、綺麗な斜面が広がっていた。

標高2600m付近。

傾斜も増してきたので、スキーを担ぎアイゼンを使用した。また、この頃から風が強くなりだし、稜線に出てからが心配された。

上の写真と同じ地点から見下ろしたところ。
稜線手前。

コルの左右は切り立っていた。

コルから見下ろしたところ。
コルから見た間ノ岳方面。

岩に書かれたペンキのマーカーが見える。

コルから見た西穂高岳方面。

強風のため西穂山頂はあきらめ、ここで写真を数枚撮り、速攻で下って行った。

いつもの記念写真。

板  ハーガンTCライト 145cm

金具  ジルブレッタ ピュア

ストック  ブラックダイヤモンド2段伸縮

ザック  オスプレー25+5

下りは雪面も適度に緩み、落石・デブリ等あるもののこの沢は幅が広いので、それらを避けながら標高差1000mのザラメ斜面を楽しむことができた。

戻る