6月1日(日) 毛勝山 2414m

富山県魚津市 下新川郡宇奈月町

1:25000地形図 毛勝山

戻る


スタート時刻 6時00分  終了時刻 14時45分  行動時間 8時間45分(休憩時間含む)

宗次郎谷出合  30分  最終突堤  3時間  稜線  10分  毛勝南峰  3分  標高2100m付近  25分  稜線  15分  山頂  40分  最終突堤  25分  宗次郎谷出合


スタートは宗次郎谷出合。

13号突堤まで車が入れると言う情報だったが、林道上に残った雪渓のため、車はここまで。ここからスキーを担いでスタートした。

最終突堤。

ここまで林道上の雪は繋がっておらず、ツボ足のまま進んできた。

最終突堤を越えたところ。

ここからスキーを履きシール歩行とした。なお、帰りもここまで滑ってこられた。

板菱。

雪割れは始まっているが、まだまだ通行に支障は無い。

大明神沢出合から見た毛勝谷。

5/6に来たときよりも雪面はフラットになっていた。

三つ又手前の斜面。
標高1700m付近より見上げた毛勝谷。

このあたりから落石等が増えてきたが、まだ避けて滑れる感じだった。雪の状態は硬く、クトーを装着し日当たりの良い所を選んで上って行った。

標高2100m付近。
上の写真の所から見下ろしたところ。

季節がら多くの登山者が上って来る。

稜線。

稜線の藪は出ているが、約1m先からは南北両ピークともに雪が繋がっている。雪の状態は適度に緩み滑りやすい状態になってきたので、まずは日当たりの良い南峰ルンゼへと向かった。

南峰ルンゼエントリー地点。

今日はちょうど良いところに雪庇の割れ目が有り、ルンゼの真上よりエントリーすることができた。

エントリー地点から見下ろしたところ。落石等ほとんど無く、快適な斜面だった。

標高2100m付近まで一滑りした後、ボーマサ谷を上り返して毛勝山北峰を目指した。

山頂。

山頂は多くの登山者で賑わっていた。

毛勝山北峰より見た南峰方面。赤のラインが本日の滑降コース。
剣岳をバックに記念写真。

板  ハーガンTCライト 145cm

金具  ジルブレッタ ピュア

ストック  ブラックダイヤモンド2段伸縮

ザック  オスプレー25+5

南峰から見た北峰方面。

今日は雪の状態がよく、山頂より北峰直登ルンゼを滑ることができた。赤のラインが本日の滑降コース。

本谷合流から見た北峰直登ルンゼ。

落石は少なくフラットな斜面、雪面も適度に緩み快適な滑降を楽しめた。

本日同行の朝日町のO氏。
高岡市のO氏。
山ボーダーTさん。

戻る