12月13日(日) 猫岳 2581m

岐阜県大野郡丹生川村 吉城郡上宝村
1:25000地形図 焼岳 乗鞍岳

戻る


スタート時刻 6時10分  終了時刻 14時20分  行動時間 8時間10分(休憩時間含む)
ゲート前  35分  平湯峠  1時間  夫婦松  3時間25分  斜面取り付き  30分  山頂  1時間  平湯峠  30分  ゲート前

今日は久しぶりに乗鞍スカイラインを通り、猫岳へ行ってきた。

スタートは国道脇のゲートの前。雪はまったく見当たらず、おまけにガスが掛かっていた。
天気は心配だったが、天気予報を信じてスタートした。(写真は帰りに撮ったもの)
平湯峠。

しばらく来ない間に、峠の建物は撤去されていた。
このあたりからやっと路上に雪が見えてきた。
平湯峠のゲート。

路上の雪は続いていそうなので、ここから板を履いていった。
夫婦松。

相変わらずガスが掛かっている。
ここで道路を外れて尾根筋のルートへ行こうとしたが、雪が少なく断念しそのまま道路を歩いていった。
標高2200m付近。

このあたりまで上がってきたら雲の上に出たようで、「上は青空、眼下には雲海が広がっている」という状況になった。
標高2300m付近、大崩山の脇。


正面に猫岳が見えている。
スキーの跡は前日或いは前々日のもので、今日の路面はカリカリに凍っており、板が沈むことは無かった。

取り付き予定の斜面。

ここから取り付いて大崩山と猫岳の鞍部を目指す予定だったが、雪が少なく難儀しそうだったので、この先から取り付き猫岳と四ツ岳の鞍部を目指すコースに変更した。
取り付き斜面の遠望。

正面が四ツ岳。
取り付いた斜面。


途中前後して歩いていたパーティーが上り始めている。

鞍部より猫岳山頂方面。
猫岳山頂。


ここまで来たら若干風が出てきたが、この時期としては望外の良い天気となった。
風が無いときは、ポカポカと暖かいほどだった。

北アルプスをバックに、定番の記念写真。
カルフ XCDガイド
165センチ 109−78−95
  
金具 ロッテフェラー・チリ+20ミリプレート
  
ストック ブラックダイヤモンド2段伸縮
  
ザック オスプレー25+5
山頂から見た四ツ岳。

今日は「青空に雪山」という絶景をたっぷり楽しめた。
山頂からの下り始めの斜面。


雪が少ない上に、頑固なモナカとなっており、修行の滑りとなってしまった。

道路に出てからはカリカリに凍った路面を、平湯峠のゲートまで一気に滑っていった。
 

戻る