1月3日(日) 大滝山 1498m

富山県南砺市
1:25000地形図 上梨

戻る


スタート時刻 7時20分  終了時刻 15時00分  行動時間 7時間40分(休憩時間含む)
猪谷除雪終点  1時間40分  標高770m林道横断  1時間40分  1099ポイント付近  50分  稜線夏道合流  45分  山頂  1時間30分  猪谷除雪終点

今日は久しぶりに大滝山へ行ってきた。
ここはコースは良いのだが、駐車場所が難点だと思っていたが、今回来てみたら集落のちょっと奥の広くなっている所まで除雪されており、駐車しやすくなっていた。

メンバーは「趣味人生巡礼」さん、私の2名。

取り付きは民家の手前の土手から。
奥の植林帯へと入っていく。
植林帯を抜けると雑木林となる。

この先、何度か植林帯と雑木林が交互に出てくる。

標高600m付近。

若干藪っぽい感じもあるが、滑って楽しそうな斜面が続いている。

標高770m、林道横断。

正面の法面は手ごわそうなので、右手に迂回し沢状の所から取り付く。

林道の上は、植林帯になっている。

このあたりの植林帯は樹木の間隔が広く、楽しく滑れる。

標高1000m付近。

このあたりに来ると樹木の感覚が狭くなっており、個人的には楽しいのだが、一般的にはどうなのだろう?

標高1350m付近。稜線夏道合流。

このあたりから、ガスが掛かりはじめた。

稜線上の樹氷。

稜線に出てからは、このような樹氷を至る所で見られた。
これで青空だったら最高なのだが‥‥。

山頂。

反射板のおかげで、こんな天候でも間違えなく山頂を確認できる。

いつもの記念写真
 
アトミック・シュガーダディー
153センチ
 
金具 TLT・スピード
 
ストック ブラックダイヤモンド2段伸縮
 
ザック オスプレー25+5

今日の雪質にぴったり!
よく浮いてよく曲がってくれる。

風除けの穴を掘って、しばし休憩。
下りは標高差1200m、パウダーをたっぷり楽しめた。

写真は本日同行の「趣味人生巡礼」さん。

どのくらい楽しかったかは、写真を見て想像してください。

 

戻る