1月31日(日) 袴腰山 1159m

富山県南砺市
1:25000地形図 下梨 湯涌

戻る


スタート時刻 7時40分  終了時刻 12時50分  行動時間 4時間50分(休憩時間含む)
小瀬  2時間20分  山頂  10分  標高960m付近  20分  山頂  50分  小瀬

本日は南砺市平村の袴腰山へ行ってきた。

コースは小瀬集落より尾根伝いに山頂へ至り、山頂より北側斜面を標高差で200mほど下り、山頂へ戻った。
帰りは山頂より上ってきた尾根の北側の斜面を下り、谷鞍谷へ下り、林道伝いに小瀬へ戻ってきた。

スタートの小瀬集落、林道入り口。

除雪してある林道を20〜30m進み、右側の斜面に取り付いた。

取り付いてすぐの斜面。

今日の斜面は春のようで、雪面はカリカリに凍っていた。

標高600m付近。

このあたり若干尾根が痩せていた。

標高800m付近、林道を横切ってすぐの斜面。
山頂手前の斜面。
山頂直下より振り返ったところ。

本日は某山岳会のO氏・Y氏・K氏の3名と同行です。

山頂の展望台。

今の季節なら展望台に上がらなくても、360度の展望が楽しめる。

山頂より見た、猿ヶ山方面。
山頂より見下ろした、北側の斜面。
とりあえず標高差200mほど下り、山頂へ上り返した。

今日は今の季節にしては気温が高かったため、雪質は重めだが、楽しい斜面だった。

山頂にて、いつもの記念写真。
アトミック・シュガーダディー
153センチ
金具 TLT・スピード
ストック ブラックダイヤモンド2段伸縮
ザック オスプレー25+5

 

下りは上ってきた尾根の北側の斜面を下った。こちらも雪面は春のような重雪だったが、傾斜がちょうど良かったようで、楽しく滑ることが出来た。

写真はファットスキーのO氏。

 

戻る