4月10日(日) 奥大日岳 2605m

富山県中新川郡上市町 立山町
1:25000地形図 剣岳

戻る


スタート時刻 5時10分  終了時刻 17時10分  行動時間 12時間00分(休憩時間含む)
剣センター前ゲート  20分  小叉橋横  1時間30分  コット谷出合  2時間10分  標高1700m尾根取り付き  3時間45分  山頂  2時間10分  小叉橋横  15分  剣センター前ゲート

本日は小又川よりカスミ谷を遡り、標高1700m付近より奥大日岳山頂へ突き上げる尾根へ取り付き、山頂へ。山頂より天狗の踊り場を経てカスミ谷を滑降した。

メンバーはR山岳会のOさん・Ogさん・Tさん、それに私の4名。

スタートは剣センター前のゲート。

道路は綺麗に除雪されていた。ここから自転車でスタートする。

小又橋。

ここから小又川を遡る。

積雪は50cmくらい。自転車はここでデポする。

小又橋横より見た、河原。

この時期としては残雪は多い方だと思う。

快適に歩いてきたが、標高700m付近で雪が切れており渡渉となってしまったが、飛び石伝いに対岸へ渡ることが出来た。
コット谷出会い。
標高950m付近、コット谷出合をすぎてちょっと行った所。

ここでも雪が切れている所を対岸へ渡ったが、水はほとんど流れておらず、楽にわたることが出来た。

標高1100m付近。

雪男?出現。

標高1500m付近。

このあたりは谷が狭まっていた。

標高1700m付近。

デブリが見え出してきたあたりで、右側の斜面へ取り付き、山頂へと続く尾根へ乗り上げた。

尾根へ乗り上げて、振り返ったところ。

けっこう高度感がある。

標高1900m付近。

このあたりで傾斜は一段落した。

標高1900mあたりから左手には、終始剣岳の雄姿が見えていた。
標高2250m付近。

このあたりも傾斜が急な箇所があった。

標高2400m付近より見た、山頂方面。

このあたりまで来て、やっと山頂が見えてきた。

山頂手前の斜面。
山頂にて剣岳をバックに、いつもの記念写真。

今日の板はしばらく使っていなかったTRABのツアーライド150cm。今シーズンの春用にビンディングをTLTにして、復活させた。

久しぶりに使ったが、TLTの効果か以前に使っていたときより印象が良かった。

山頂より見た大日岳方面。
山頂より見た室堂・雄山方面。
エントリーポイントから見た、カスミ谷源頭。
山頂より、快適な一滑り。
天狗の踊り場より見下ろした、カスミ谷。

所々デブリが出ていたが、脇を滑ってこられる程度だった。

雪質はザラメ雪で多少引っかかる所もあったが、概ね快適に滑ってこられた。

 

戻る

setstats 1