11月13日(土) 白山 2702m

石川県石川郡尾口村・白峰村、福井県大野市、岐阜県郡上市と大野郡荘川村・白川村の境。
1:25000地形図 白山

戻る


スタート時刻 5時20分  終了時刻 15時15分  行動時間 9時間55分(休憩時間含む)
市ノ瀬  1時間10分  別当出合  2時間10分  甚ノ助小屋  1時間20分  黒ボコ岩  1時間20分  
山頂  1時間10分  別当覗  1時間  別当出合  15分  市ノ瀬

本日は白山に初滑りに行ってきた。

市ノ瀬のゲートは閉まっていたので、別当出合まで自転車で上がってきた。

別当出合の吊橋の底板はまだ健在だった。
歩き始めてすぐの登山道の様子。
中飯場。

雪も増えてきて、そろそろシール歩行が出来そうだと考えながら歩いていたら‥‥‥。

中飯場をすぎて二度目の林道と交差する所から、ツボ足のトレースが合流しており、しばらくシール歩行はお預け、板は担いだまま登っていった。
標高が上がるにつれ積雪も増え、別当覗を過ぎた辺りからツボ足のトレースはあるものの、シール歩行が可能になった。
甚ノ助小屋の周辺では作業が続いており、ツボ足のトレースはここで作業をしている方たちのものだったようです。
黒ボコ岩下より見渡した別山方面。
同じ所から見上げた黒ボコ岩への斜面。

雪はしっかり付いており、板のまま問題なく登っていけた。

弥陀ヶ原より見た、山頂方面。

この頃から雲が出だして、青空が見えなくなってしまった。

山頂直下より見下ろした、室道方面。

今回も室道の横の沢より、室道へは寄らずに登ってきた。

山頂。

えびの尻尾が至る所についており、荒天時の風雪の強さを物語っていた。

本日の装備
ハーガン エクストリーム
130cm
ビンディング TLT Speed
ガルモント メガライド
ストック ブラックダイヤモンド2段伸縮
ザック オスプレー 35L

この板もビンディングをTLTに付け替えた結果、板+金具で片側1265グラムと軽量なセットとなり、本日のような板を担ぐ時間が長い時には最適なセットとなった。

下りは山頂より広大な斜面を楽しんだ後、ほぼ登山道どおりのコースで別当覗まで滑ってきた。
無理をすればもうちょっと下まで滑れそうだったが、チュンナップしたての板を傷だらけにするのは忍びないので、早めにスキーを担いで下ってきた。
 

戻る