2月5日(土) 小糸山 780m

富山県富山市
1:25000地形図 千垣

戻る


スタート時刻 7時30分  終了時刻 12時50分  行動時間 5時間20分(休憩時間含む)
西小俣除雪終了地点  1時間30分  林道分岐点  1時間20分  山頂  30分  林道分岐点 
 1時間  西小俣除雪終了地点

今日はCAP出版「とやま山歩き」掲載の山名リストの中でまだレポートを掲載していない山シリーズ、その18 小糸山へ、先週と同じ西小俣の発電所の先、除雪終了地点に車を止めて行ってきた。

数年前までは熊野川ダムまで除雪されていたのだが、ここ数年は西小俣の先で除雪は終了となっているそうである。

除雪終了地点。

先週来た時とあまり変わらない様子。
大雪は富山県西部だけだったのか?

車道の様子。

何日か前のカンジキの跡があった。

今日は雪が結構締まっており、スキー歩行ではほとんど沈み込みは無かった。

熊野川ダム。

湖面はまっ白で、小動物の足跡が沢山付いていた。

林道分岐点。

熊野川ダムから30分ほどで、林道分岐点に着いた。

林道は小糸山の山頂直下まで続いているのだが、このまま林道を歩いていても面白みが無いので、最初のヘアピンカーブの所を直進し、杉の植林帯へと入っていき、尾根伝いに山頂を目指した。
尾根は概ね植林帯と雑木林の境を歩く感じで、高度を上げていった。
尾根の途中、標高700m付近より見た高頭山方面。
上の写真と同じ辺りから見た、山頂方面。
山頂。

山頂も植林帯と雑木林の境といった感じで、雑木林の側が広くなっていた。

山頂にていつもの記念写真。
  
カルフ XCDガイド
165cm
ビンディング TLT Speed
ガルモント メガライド
ストック ブラックダイヤモンド2段伸縮
ザック オスプレー 35L

 

帰りは登ってきたコースをあまり外れない程度に滑りやすい斜面を下って行ったが、写真のような斜面もあり結構楽しめた。
 

戻る