2月26日(土) 高峰山 957m・鍋冠山 900m

富山県中新川郡上市町
1:25000地形図 大岩

戻る


スタート時刻 7時40分  終了時刻 14時40分  行動時間 7時間00分(休憩時間含む)
西種除雪終了地点  20分  骨原 林道入り口  2時間  鍋冠山  1時間  高峰山  1時間30分  西種

今日はCAP出版「とやま山歩き」掲載の山名リストの中でまだレポートを掲載していない山シリーズ、その21 高峰山・鍋冠山へ行ってきた。

本日は「趣味人生巡礼」さんと、「趣味人生巡礼」さんの友人のNさんが同行した。

スタートは西種の除雪(融雪)終了地点。以前の記憶では骨原まで除雪されていたように記憶していたが、本日は西種の集落のはずれで除雪は終了していた。
大辻山方面へ延びる林道は、骨原の溜池の横から始まっている。
林道は始まってすぐ、杉の植林帯の中へ入っていく。
大辻山方面へ向かう林道から別れ、釜池方面へ向かう林道へ入った所。
標高800m付近で進行方向右手の杉林の斜面に取り付き、鍋冠山山頂を目指した。
山頂手前の斜面。

山頂の手前、雑木林との境は小広い斜面になっていた。

山頂。

細長い山頂で、剣・立山方面の視界が開けていた。

とりあえずいつもの記念写真。

記念写真を撮り終わって滑降の準備をしてると、単独スキーヤーが登ってきた。
お互いに「こんな所で人に会うなんて」と驚いた。地元の方の様でこのあたりはよく来ているとのことだった。
下降のコースをアドバイス頂き、高峰山へ向かう尾根との鞍部に向かって、下っていった。

 

下りの斜面。

登ってきた植林帯の斜面より傾斜は急だったが、樹木の間隔が植林帯より疎らだったので、快適に下ってこられた。

鞍部より見上げた、鍋冠山。
高峰山に向かう尾根。

全体的に細い尾根だが、邪魔になるような藪は無く、快適に山頂まで行ってこられた。

山頂。

朝は天気が良く青空が見えていたが、山頂に着いた頃にはガスが掛かって展望は無くなっていた。

山頂にていつもの記念写真。
  
カルフ XCDガイド
165cm
ビンディング TLT Speed
ガルモント メガライド
ストック ブラックダイヤモンド2段伸縮
ザック オスプレー 35L

 

今日の昼食は「趣味人生巡礼」さん提供の寄せ鍋。
ご馳走様でした。
標高850m付近より見た、鍋冠山。

写真中央の植林帯を登り、左手の疎林の箇所を下った。

標高850m前後は写真のような感じで、前日の降雪のせいもあり、滑りを楽しめる斜面だった。
 

戻る