8月28日(日) 大門山 1571m・赤摩木古山 1501m・
          見越山 1621m・奈良岳 1644m

富山県南砺市 石川県金沢市
1:25000地形図 西赤尾

戻る


スタート時刻 7時10分  終了時刻 13時30分  行動時間 6時間20分(休憩時間含む)
登山口  1時間5分  大門山  25分  赤摩木古山  1時間10分  見越山  30分  奈良岳  
 2時間20分  登山口

今日はCAP出版「とやま山歩き」掲載の山名リストの中でまだレポートを掲載していない山シリーズ、その23 見越山・奈良岳へ行ってきた。

コースは「富山山歩き」の紹介どおり、ブナオ峠の登山口を出発して、大門山・赤摩木古山・見越山を経由して奈良岳まで往復してきた。

上り始めの登山道の様子。

大門山・赤摩古山までの登山道は良く整備されていて、いつ来ても歩きやすい。

稜線分岐。

今日はとりあえず右方向、大門山の山頂を踏んできた。

大門山山頂。

本日唯一青空が見えた山頂だった。

赤摩木古山山頂。

この辺りまで来たら、ガスが掛かり始め、周りはまっ白になってしまった。

赤摩木古山より先の登山道の様子。

今シーズン初めに草刈が行われた感じだった。

見越山山頂。

ここまで距離はさほどではないのだが、アップダウンがけっこうあり、疲れる登山道だった。

見越山山頂より見た、奈良岳方面。

ガスの切れ間から、チョットの間だけ奈良岳のピークが見えた。

見越山からの下り。

意外に高度感のある、細尾根だった。

奈良岳山頂の手前。

チョットだけだが、藪っぽくなっている所もあった。

奈良岳山頂。

ここまで来たのは14年ぶり。前回来た頃はまだHPを創っていなかった。

山頂の三角点・石碑・標柱。
山頂より見た、大笠山方面。
奥三方山方面へ至る登山道は見てのとおり、草が生え放題で登山道が見えない状況だった。
 

戻る